京都市上京区社会福祉協議会に事務局を置き、任意団体・自助グループとして1994年より活動を続けております双子を持つ母親と家族の会「双子の会」です。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
カテゴリ
最新記事
お天気BOX









検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

双子の会(京都)QRコード
QR
FC2カウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

多胎プレパパママ教室と交流会の開催について

   
 
妊婦さんだけでなく乳幼児~幼少期の双子
(0~3歳)を育てるママさんもぜひご参加ください 

【京都府「子育てに優しい京都府づくり推進事業」】
多胎プレパパママ教室と交流会(城陽市)
~多胎妊娠、育児についての基礎知識と参加者同士の交流会を開催します~

開催に至る経緯は・・・
多胎児出産、育児について地域の協力・連携はかかせないが、周知不足等による周囲の無理解や、地域の連携不足が母親の孤立を生み、母親の精神的疾患や育児への不安・迷いへとつながっている面も大きいのです(多胎出産・育児は、単胎児に比べて育児ストレス、産後うつ病、育児ノイローゼ、育児放棄等のリスクが高く、子育ての不安や孤立感等を抱える母親や、様々な原因で養育支援が必要となっている家庭も多い)。
こちらの事業では、多胎児出産・育児に関するお話や交流会を開催します。この取り組みを通じて本会スタッフもエンパワーメントされ、参加者の皆さんも各地域の支援者の皆さんとともに元気になれる『地域協働の取り組み』になることを望みます。


予測される効果として・・・
この事業を広域に広げ多胎児出産・育児の情報を受け、グループや地域の支援・情報格差を少なくし学びあいたいです。
そして、多胎子育て経験者が各地域へ行き家庭内の育児への具体的な援助や産褥期の母子に対する育児支援、自身の体験談を話し、同じ思いを共有することで、個々の抱える養育上の諸問題の解決、軽減を図ることが子育ての楽しさ・地域での暮らしやすさにつながると考えます。日常の疑問やお互いのお話もしましょう
 

『双子ならでは』の 当事者にしかわからないこと 当事者だからこそわかる不安や課題、欲しい情報、手助けを必要としている家庭に届けたい という気持ちがあります。
その場に集う者同士で共有しそれぞれの体験談から、たくさんのヒントがあり
きっと『未来の一歩』につながります
 

各地域に理解者・支援者、何より交流の持てるお仲間がますます増えますように 
| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。