京都市上京区社会福祉協議会に事務局を置き、任意団体・自助グループとして1994年より活動を続けております双子を持つ母親と家族の会「双子の会」です。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
カテゴリ
最新記事
お天気BOX









検索フォーム
リンク
このブログをリンクに追加する
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

双子の会(京都)QRコード
QR
FC2カウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

嬉しかったこと

   
先日の集会でママさん達がうなずく場面がありました。
私が支援者の皆さんにお伝えしていきたいのは、
母の立場からすると
「寄り添い」と「共感」は 時として少し違うように思います。
多胎育児中のママのドタバタライフを
それも同時に起こる予測不能な事態での混乱をお話していますと
支援者側の方々からの発言に・・・
「わかる~」とおっしゃる方がおられます。

いいえ、双子を育てた人にしかわからないことがあるのです。

そりゃあ、まれに多胎に限らないこともありますが・・・
ほとんどの支援者の方がお気づかいからか
「双子はいないけど、うちは年子やから わかる」
「双子じゃないけど、子供は3人いるから わかる」
と。
私達からすると、違和感あるのですよ~~。
「双子を育ててないと!!!わからない!!!」と!!

でも地域のボランティアさんから
「双子を育てたことないし、双子を持つお母さんの気持ちはわからないから、教えて」
言ってくださる支援者の方がおられました。
同情ではない、この寄り添いは嬉しかったです。
これぞ、同じ目線でお話してくださっていることを実感しました 

| - | - | page top |
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。